第15回 J. S. バッハのモテット(その1)



J. S. バッハのモテット

第15回 J. S. バッハのモテット(その1)(この記事)

第16回 J. S. バッハのモテット(その2)

第17回 J. S. バッハのモテット(その3)

第18回 J. S. バッハのモテット(その4)

昨年2015年5月に立ち上げたサリクスカンマーコアですが、当面

J. S. バッハ「モテット」全曲演奏シリーズ

と題しまして、バッハのモテットをテーマに演奏会を企画しております。

そこで今回は、J. S. バッハのモテットについてお話しさせて頂きたいと思います。

――・――・――・――・――

J. S. バッハのモテット  モテットというジャンルは、13世紀以来様々な種類の楽曲に対して用いられましたが、バッハの過ごしたころには「宗教的な歌詞を持つ声楽曲」という漠然とした意味で用いられていました。

 合唱曲に限らず、歌のソロと器楽の編成による楽曲にもモテットという語があてられましたが、そのような用例はバッハの場合は1曲のみ、ペルゴレーシの《スターバト・マーテル》を編曲したBWV1083(ソプラノとアルトの独唱、弦、通奏低音)のジャンル名として用いられています。これは元の楽曲のジャンル表記に倣った例外的な語法で、バッハにとってモテットという語は、主に合唱と通奏低音による宗教声楽作品(器楽が独立したパートを担わない)に対して用いられました。

 モテットはバッハの生きた1700年頃には既に流行の頂点を過ぎたジャンルで、この頃の教会音楽の主流はもっぱらカンタータでした。バッハもその例にもれず、カンタータは200曲ほど現存しているのに対し、モテットはどんなに多く見積もっても(偽作等が含まれるため)9曲しか残されていません。

1) "Singet dem Herrn ein neues Lied" BWV 225

2) "Der Geist hilft unser Schwachheit auf" BWV 226

3) "Jesu, meine Freude" BWV 227

4) "Fürchte dich nicht, ich bin bei dir" BWV 228

5) "Komm, Jesu, komm" BWV 229

6) "Lobet den Herrn, alle Heiden" BWV 230

7) "Ich lasse dich nicht, du segnest mich denn" BWV Anh. 159

8) "Jauchzet dem Herrn, alle Welt" BWV Anh. 160

9) "Der Gerechte kommt um" BWV 無し

 前半の5曲はバッハの真作であることが明らかになっていますが、後半の4曲は信憑性に疑いがもたれています。

6)は19世紀の出版譜でのみ伝えられる作品で、「バッハのオリジナル手稿譜による」と銘打たれています。

7)はバッハの父の従兄、ヨーハン・クリストフの作と伝えられている作品。

8)はテーレマンとバッハの作品を寄せ集めたモテットで、その第2曲がバッハのBWV28-2の編曲であるが、バッハの手による編曲ではないとされています。

9)はバッハのトーマスカントルの前任者であるヨーハン・クーナウのラテン語モテットの編曲で、バッハの手によるとする研究者もいます。

サリクス・カンマーコアではこのうち1)から6)までをバッハのモテットとして捉え、これら全曲を4回の演奏会に分けて演奏いたします。

 なぜ6曲なのに4回の演奏会で演奏するかというと、1)と3)は曲の規模がかなり大きいのに対して他の4曲は比較的小規模であるためです。これらの4曲は2曲ずつ取り上げることとしました。

――・――・――・――・――

第1回定期演奏会『Singet dem Herrn ein (altes und) neues Lied!』(終了2015年5月) “Singet dem Herrn ein neues Lied” BWV225を中心としたプログラム (詳細はコチラ

 こちらは昨年2015年に終了した、サリクス・カンマーコアのデビューコンサートです。"Singet dem Herrn ein neues Lied"に用いられている3つのテキスト(中間部の作者不詳のアリアを除く)と同じテキストを持つグレゴリオ聖歌、ラテン語とドイツ語のモテットを集めて演奏いたしました。

この作品のテキストが、サリクスの掲げるコンセプトにも合致しているように感じましたので、演奏会テーマはこの作品のタイトルをもじって、Singet dem Herrn ein (altes und) neues Lied!「主に向かいて(古いがしかし)新しき歌を歌え」としました。

(この演奏会での録音はコチラ

――・――・――・――・――

"Singet dem Herrn ein neues Lied" BWV 225


 "Singet dem Herrn ein neues Lied" BWV 225は、バッハのモテットの中でも一際規模の大きい作品です。演奏時間は"Jesu, meine Freude" BWV 227に次ぐ長さで、15分ほどですが、"Jesu, meine Freude"が最大5部合唱なのに対し、Singetは二重合唱(8声)ですので、編成と演奏時間という両面から見たときには、バッハの最大規模のモテットということが出来ると思います。

 上でも述べましたように、この作品ではまるでカンタータのようなテキストの混合が見られます。「詩篇第149篇」「150篇」と「103篇をもとにしたコラール」の3つが大きな柱を形成するテキストです。それに加え、3番目に挙げた「103篇をもとにしたコラール」は各行ごとに分断され、その間には作詞者不明のテキストが挿入されています。

新しい歌を主に歌え、

敬虔なる民は彼を讃えよ。

イスラエルよ、その創り主を喜べ。

シオンの子らはその王を喜べ、

その輪の中で彼の名を讃えよ、

太鼓と竪琴を演奏せよ。

(詩篇第149篇1-3節)

コラール

父が幼いわが子を憐れむように、

主は私たちを憐れんでくださる、

私たちは彼を畏れよう、

子どものように純粋に。

彼は哀れな被造物をご存じで

私たちがただの塵だとわかっておられる、

熊手で集められた草、

花、落ち葉さながらであるということを。

風が過ぎ去っただけで、

もはや跡形もない、

そのように人は消え去る、

その最期、それはすぐそこにある。

(J. グラーマン作のコラール第3節 )

アリア

神よ、あなたは私たちをなおも心にかける、

私たちの事柄は、

あなたなしには何も行われないのです。

だから私の盾と光でいてください、

私たちの信頼を欺かないでください、

あなたはそうしてくださるでしょう。

幸せです、ただあなたとあなたの恩寵を

ひたすらにかたく信頼するものは。

作者不詳の自由詩

主をほめたたえよ、その御業のゆえに

ほめたたえよ、その大いなる栄光のゆえに!

息のあるものはみな、主をほめたたえよ、

ハレルヤ!

(詩篇150篇2、6節)

             (対訳:櫻井元希)

 モテットというジャンルにおいては、このようなテキストの混合という試み自体が珍しいです。バッハは他のモテット、“Jesu meine Freude” BWV 227、“Der Geist hilft” BWV 226 においてもテキストの混合を試みていますが、これらはいずれも聖句とコラールという2種類のテキストの組み合わせで、聖句・コラール・自由詩という3種が組み合わされているのはこのモテットだけです。

 3種類ものテキストを混合させてなお統一が保たれているのは、そのすべてが詩編かそれをもとにしたものであるからだと思われます。

 詩篇第149篇をテキストとした第1部はプレリュードとフーガの様相を呈しています。第2部では第103篇をもとにしたコラールと、そのコラールを各行ごとに分断する形で「アリア」と題された自由詩のセクションが非常に装飾的でソリスティックな旋律を歌います。第3部はさらに前半と後半に分けられ、前半はホモフォニックな2重合唱、後半はポリフォニックな4声体となります。このように構成だけみても非常に複雑で練りに練られており、バッハの声楽作品のひとつの頂点といって差し支えない精妙で豪華絢爛な作曲技法が詰め込まれた作品です。

(櫻井元希)

【次の記事】

第16回 J. S. バッハのモテット(その2)

――・――・――・――・――

【Salicus Kammerchorの演奏会】


Ensemble Salicusレクチャー・コンサート グレゴリオ聖歌とフランドル・ポリフォニー 〜単旋律聖歌の魅力とそれに育まれた多声音楽〜

2017年10月18日(水)19:00開演 豊洲シビックセンターホール

詳細はコチラ↓

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

【第4回ワークショップ参加者募集中!】


ご好評いただいておりますサリクスの

ワークショップです。

今回初めてバッハのモテットに取り組みます。

お申込みはお早めに!

講師

櫻井元希

渡辺研一郎

サポート歌手

鏑木綾

富本泰成

詳細はコチラ↓

http://www.salicuskammerchor.com/workshop

――・――・――・――・――

【メールマガジン配信中】


サリクスの最新情報をお知らせしております!

新規ご登録の方には限定動画をプレゼントしております!

詳細はコチラ↓

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

【最新動画公開中!】

La Musica Collanaとのジョイントコンサートより、

G. P. da Palestrina / J. S. Bach "Kyrie und Gloria" aus der Missa "Sine nomine"

を公開中です!


――・――・――・――・――

【DVD発売中!】


第3回定期演奏会の演奏を収録したDVDのネット通販をはじめました!

サリクスの魅力の詰まった映像を是非お楽しみください!

詳細はコチラ↓

http://www.salicuskammerchor.com/goods

――・――・――・――・――

【2017-2018年シーズン サポート会員募集開始!】


サリクスでは私たちの活動をご支援くださる、サポート会員を募集しております。

活動継続のために、ご支援どうぞよろしくお願いいたします!

会員の皆様にはおトクな特典をご用意しております。

詳細はコチラ↓

http://www.salicuskammerchor.com/support

――・――・――・――・――

【主宰の櫻井元希のウェブサイトはコチラ↓】

http://genkisakurai.com/


#モテット #バッハの様式 #バッハの技法 #バッハ

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now