サリクスのブログ記事リスト



 サリクスのホームページ内にある当ブログですが、あまり検索性がよくないので、今まで書いた記事を一覧にしました。カテゴリ別になっています。

 以下のリストからリンクで飛んでいただいて、ご興味のある記事を読んでいただければと思います。

Salicus Kammerchorのコンセプトについて

第0回 Salicus Kammerchorのコンセプトについて


 サリクスのコンセプトについてのそもそものお話です。あとから書いた記事ですが、物凄く根本的なお話なので、第0回としました。

Salicus Kammerchorのコンセプトアウトライン

第1回 バッハはいかにしてバッハとなったか

第2回 バッハの作曲した曲種、様式、技法


 バッハの音楽の多用さから、バッハの音楽に向き合う際に、多様なアプローチが必要であるという事についてお話しいたしました。

グレゴリオ聖歌→ルネサンスポリフォニー→バッハの声楽曲


第3回 ネウマとは

第4回 グレゴリオ聖歌からポリフォニーへ

第5回 フランドルのポリフォニーからJ. S. バッハへ


 3回かけて、グレゴリオ聖歌→ルネサンスポリフォニー→バッハの声楽曲という流れを追って、グレゴリオ聖歌の歌い回しを表したネウマを、いかにその後の音楽の演奏に生かすかという事をお話しいたしました。

歌い手にとっての音律

第6回 歌い手にとっての音律(その1)

第7回 歌い手にとっての音律(その2)

第8回 歌い手にとっての音律(その3)

第9回 歌い手にとっての音律(その4)

 4回かけて、サリクスが用いるいくつかの音律についてお話しいたしました。

 第6回ではピタゴラス音律

 第7回ではミーントーン

 第8回ではヤング等の不等分音律

 第9回では純正調(厳密には音律ではありません)

 についてお話しています。

旋法について

第10回 旋法について(その1)

第11回 旋法について(その2)

 2回に分けて、旋法についてお話しいたしました。

 第10回では旋法について基本的なことを、

 第11回ではその旋法が、音楽の中でどのような意味を持つのか

 ということをお話ししています。

記譜法の歴史

第12回 記譜法の歴史(その1)

第13回 記譜法の歴史(その2)

第14回 記譜法の歴史(その3)

 第3-5回でお話しした、グレゴリオ聖歌→ルネサンスポリフォニー→バッハの声楽曲という流れを、記譜法の歴史から紐解きました。

 第12回ではネウマから四角譜への発展

 第13回では四角譜から計量記譜への発展

 第14回では計量記譜から現代譜への発展

 についてお話ししています。

J. S. バッハのモテット

第15回 J. S. バッハのモテット(その1)

第16回 J. S. バッハのモテット(その2)

第17回 J. S. バッハのモテット(その3)

第18回 J. S. バッハのモテット(その4)

 6曲あるバッハのモテットについて、サリクスが演奏する順番にお話しいたしました。またサリクスがバッハのモテットを中心にして、どのようなプログラミングをしているかという事もお話ししています。

 第15回では第1回定期演奏会で演奏いたしました、"Singet dem Herrn ein neues Lied" BWV 225とそのプログラムについて、

 第16回では第2回定期演奏会で演奏いたします、"Komm, Jesu, komm" BWV 229?/"Fürchte dich nicht, ich bin bei dir" BWV 228とそのプログラムについて、

 第17回では第3回定期演奏会で演奏予定の、"Der Geist hilft unser Schwachheit auf" BWV 226/ "Lobet den Herrn, alle Heiden" BWV 230とそのプログラムについて、  第18回では第4回定期演奏会で演奏予定の、 "Jesu, meine Freude" BWV 227とそのプログラムについてお話ししています。

第2回定期演奏会のプログラムについて

第19回 H. シュッツ 「音楽による葬儀」 その1

第20回 H. シュッツ 「音楽による葬儀」 その2

第21回 H. シュッツ 「音楽による葬儀」 その3

 シュッツの「音楽の葬儀」について3回に分けて解説しています。

 その1、その2ではシュッツの生涯について少し詳しく、第3回で"Musikalische Exequien"「音楽による葬儀」op. 7, SWV 279-281について解説しています。

第22回 グレゴリオ聖歌「シメオンはお告げを受けていた」

第23回 J. オケゲム「憐れみたまえ/死よ、お前は傷つけた」

第24回 J. デ・プレ「オケゲムの死を悼む挽歌」

カンタータについて


第25回 「カンタータ」とは

第26回 J. S. バッハの教会カンタータ(その1)

第27回 J. S. バッハの教会カンタータ(その2)

第28回 J. S. バッハの教会カンタータ(その3)

第29回 J. S. バッハの教会カンタータ(その4)


 La Musica Collanaとのジョイントコンサートに向けて、カンタータについて執筆しました。

第3回定期演奏会に向けて

第30回 第3回定期演奏会の選曲コンセプト(その1)

第31回 第3回定期演奏会の選曲コンセプト(その2)

第32回 第3回定期演奏会 各曲について(その1)

第33回 第3回定期演奏会 各曲について(その2)

第34回 第3回定期演奏会 各曲について(その3)

第35回 第3回定期演奏会 各曲について(その4)

第36回 第3回定期演奏会 各曲について(その5)

 第3回定期演奏会のプログラムについて執筆しました。はじめの二つは全体の選曲コンセプトについて、以降は各曲について解説しています。


Ensemble Salicusレクチャーコンサートに向けて


第37回 特殊ネウマについて

第38回 Ensemble Salicusデビューコンサートの概要〜ミサ式次第に沿って

 この演奏会がデビューコンサートとなったEnsemble Salicusがこだわる特殊ネウマについて、そして演奏会の流れを解説しました。


第4回定期演奏会に向けて

第39回 第4回定期演奏会選曲コンセプト

第40回 G. P. da パレストリーナ ミサ《シネ・ノミネ》

第41回 "Altbachisches Archiv" 「古いバッハ家の史料集」その1

第42回 "Altbachisches Archiv" 「古いバッハ家の史料集」その2

第43回 J. S. バッハ「イエス、我が喜び」BWV 227


 第4回定期演奏会にむけて、選曲コンセプトと各曲について解説しました。


Ensemble Salicus演奏会に向けて


第44回 アレクサンダー・アグリコラ「第2旋法のミサ」

第45回 待降節第1主日のミサ


 Ensemble Salicusの演奏会のために、アグリコラの解説、そしてミサの式次第についてです。


渡辺研一郎

「5回で学ぶネウマ講座」


第1回 ネウマに学ぶ~五線譜以外の楽譜に触れること~

第2回 ネウマを学ぶ①~単純ネウマ・複合ネウマ~

第3回 ネウマを学ぶ②~特殊ネウマ(装飾ネウマ)~

第4回 ネウマを学ぶ③~融化ネウマ~

第5回 ネウマいろいろ


 サリクスメンバーの渡辺研一郎がサリクスのこだわる「ネウマ」について、わかりやすく解説しています。



富本泰成

「ネウマ的に歌うための発声エッセンス」


第1回 「声の硬さを取ろう」〜タングトリル〜

第2回 「息の流れをよくしよう」〜呼吸について〜

第3回 「母音の響きをよくしよう」〜共鳴について〜

第4回 「1つの母音で歌えるようになろう」〜レガートについて〜

第5回 「歌詞もネウマ的に歌おう」


 サリクスメンバーによる記事第2弾。ネウマ的に歌うということが発声のテクニックとどう結びついていくか、富本泰成が執筆しています。

コラム

J. S. バッハ 名言・迷言集

 バッハが(多くは手紙の中で)遺した言葉を、名言・迷言集と題してまとめました。バッハのことがちょっと身近に感じていただけるかと思います。

スタッフの徒然日記

 スタッフのほしのさんが《スタッフから見たサリクス》について語ってくれています。


J. S. バッハ 珍プレー・好プレー

 前半ではバッハの人生につきものだった様々なトラブルにおける珍プレー、後半はそんなバッハを同時代、あるいは後世の人々がバッハをやたらに賞賛している様子を(好プレーとして・・・若干苦しいですが)まとめました。


クワイヤブックができるまで

 中世ルネサンス期にポリフォニーの演奏に使用されたクワイヤブックについてお話ししています。現代のわれわれがクワイヤブックで演奏する際に必要な作業をまとめています。

音楽・芸術にまつわる名言集

主宰の櫻井が、これまでに影響を受けた名言をまとめました。

これらの言葉は、サリクスの音楽にも大きな影響を及ぼしています。

サリクス・メンバーの声


サリクス・メンバーの声 第1回

テノール 渡辺研一郎


サリクス・メンバーの声 第2回

ソプラノ 金成佳枝

サリクス・メンバーの声 第3回

テノール 富本泰成

サリクス・メンバーの声 第4回

ソプラノ 鏑木綾

サリクス・メンバーの声 第5回

バス 西久保孝弘


サリクス・メンバーの声 第6回

オルガン 田宮亮

サリクス・メンバーの声 第7回

バス 谷本喜基


サリクス・メンバーの声 第8回

アルト 野間愛

サリクス・メンバーの声 第9回

アルト 小巻風香

サリクス・メンバーの声 第10回

ソプラノ 根本真澄


サリクス・メンバーの声 第11回

ソプラノ 山口紗知

サリクス・メンバーの声 第12回

バス 大津康平

サリクス・メンバーの声 第13回

リュート 上田朝子

サリクス・メンバーの声 第14回

アルト 眞弓創一

サリクス・メンバーの声 第15回

ソプラノ 高橋慶

サリクス・メンバーの声 第16回

アルト 輿石まりあ

 サリクスメンバーが、自己紹介と、演奏会にかける意気込みを執筆しています。

その他


第2回定期演奏会チラシ完成!

 第2回定期演奏会のチラシをデザインしてくださった吉田健嗣さんと、このデザインのコンセプトについて紹介しています。


再びサポート会員募集のお願い!

 サリクスがサポート会員を募集する理由を、様々な角度からお話ししています。

――・――・――・――・――

【次回公演】

Salicus Kammerchor第5回定期演奏会

 ​J. S. バッハのモテット全曲演奏会

詳細はコチラ↓

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

【最新動画配信!】

第2回定期演奏会より、Heinrich Schütz “Musikalische Exequien” op. 7 III. Canticum Simeonisを公開中です!


――・――・――・――・――

【メールマガジン配信中】 サリクスの最新情報をお知らせしております! 登録はホーム画面右上のフォームからお願いいたします。 (スマートフォンの方はブログ更新のお知らせの下にあります)

http://www.salicuskammerchor.com/

――・――・――・――・――

【主宰の櫻井元希のウェブサイトはコチラ↓】

http://genkisakurai.com/

#合唱曲 #対位法 #カンタータ #フーガ #計量記譜 #古典調律 #四角譜 #ヤング第2調律法 #純正調 #ルネサンス #旋法 #ミーントーン #音律 #バッハ #ネウマ #純正律 #バッハの様式 #グレゴリオ聖歌 #記譜法 #バッハの生涯 #フランドル #ピタゴラス音律 #コラール #バッハの技法 #不等分音律 #調性格論 #ポリフォニー #モテット

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now