第27回 J. S. バッハの教会カンタータ(その2)



(バッハの生前に唯一出版された教会カンタータ、BWV 71の表紙。曲種にあたる部分には「教会モテット」とある)

前回の記事では、バッハの教会カンタータの背景をお話しました。

今回はバッハ自身の教会カンタータが、彼の人生の中でどのように変遷していったかについてお話しいたします。

ミュールハウゼン時代の教会カンタータ(23歳頃)

 バッハは23歳の頃の1年間、ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会のオルガニストを務めました。現在伝えられているカンタータの中で最も初期のものは、この頃に書かれたとされています。

BWV4.131.106.71.196の5曲がこの時期に書かれたとされていますが、成立年代が確定しているのは71番だけで、その他の4曲は、様式的に推定されているに過ぎません。

 この5曲はどれも伝統的なモテト様式、教会コンチェルトの様式の影響を色濃く残しており、全体として古めかしい様式で書かれていますが、どの曲も現在でも大変人気のあるカンタータです。

 ここでは例として106番を挙げておきます。リコーダー2本、ヴィオラ・ダ・ガンバ2本という編成上演奏会数はそれほど多くありませんが、「哀悼行事」の名で、バッハの没後も人気を保った数少ないカンタータの一つです。

"Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit (Actus Tragicus)" BWV 106


ヴァイマール時代の教会カンタータ(24歳―32歳)

 バッハは24歳からの9年半をヴァイマールで過ごしました。この時期に彼はヴィヴァルディを始めとしたイタリアの音楽を学びました。この時期以降のカンタータに見られるコンチェルト様式はこの「イタリア体験」の賜物だということが出来ます。特に、ライプツィヒ時代になってから見られる「合唱組み込み」の様式は、この器楽のコンチェルトの独奏部分に合唱を組み込んだもので、この様式はバッハのカンタータの冒頭合唱の重要な特徴となっていきます。

 またミュールハウゼン時代のカンタータが合唱とアリオーゾの羅列として構成されていたのに対して、この時期のカンタータはイタリア風のレチタティーヴォとアリアの交代という方法が確立されます。これにはバッハの使用したカンタータ台本の画期的転換が大きく関わっています。

 1700年、牧師であり詩人でもあったエルトマン・ノイマイスターが、ヴァイセンフェルスの宮廷礼拝堂のために書いた、「教会音楽に代る宗教的なカンタータ」という台本集によって、イタリア・オペラの形式「レチタティーヴォ―アリア」を教会音楽に持ち込んだのです。この転換によって、バッハのカンタータにも後期の彼の作品に見られるような多彩さがもたらされたのです。

 ほぼ確実にこの時期に作曲されたと推定されているカンタータは16(あるいは18)曲です。

1724年 BWV182.12.172.21.199.61.152(18.54も可能性あり)

1725年 BWV80a.31.165.185.161.162.163.132

1726年 BWV155

 この時期までのカンタータを「初期カンタータ」(略して初期カン)という言い方をすることがありますが、どの作品もその作曲時の年齢を考えると信じられないくらい熟練しています。

 しかし、ライプツィヒ時代のカンタータに比べると、挑戦的で意欲的な作品が多く、若き日のバッハがこのジャンルの作曲に対して非常な情熱を持って、自らの様式の確立に向けて邁進している様子がうかがい知れます。

挑戦的な作品の例として、BWV152を挙げておきます。この作品はソプラノ、バス、リコーダー、オーボエ、ヴィオラ・ダモーレ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音という非常に珍しい編成で書かれており、冒頭シンフォニアからこの一風変わった編成の魅力が遺憾なく発揮されています。

"Tritt auf die Glaubensbahn" BWV 152


ケーテン時代の教会カンタータ(33−38歳)

 ケーテンでのバッハの肩書はオルガニストやカントルではなく「宮廷楽長」でした。すなわちこの時期彼は教会音楽を作曲する勤めを負っておらず、その上ケーテンの領主レオポルト候はカルヴァン派に属しており、ルター派のバッハが彼の要請によって教会カンタータを書くことはありませんでした。

 その代わり、この時期には世俗カンタータが多く書かれ、新年やレオポルト候の誕生日祝賀のために、たいへん華やかな作品が演奏されました。

 この時期に作曲された彼の教会カンタータは、BWV22.23.59ですが、この3曲はいずれも1723年、つまりケーテン時代の最後の年に、新転地ライプツィヒのために作曲されたものです。

 BWV22と23はライプツィヒのトーマスカントル採用試験のために作曲されたものです。ここでは22番を挙げておきます。

"Jesus nahm zu sich die Zwölfe" BWV 22


 次回はバッハが最も盛んに教会カンタータを作曲したライプツィヒ時代の作品についてお話しいたします。

(櫻井元希)

――・――・――・――・――

【次回公演】

Salicus Kammerchorの次回公演は来年2018年5月の第4回定期演奏会です。

また関連公演として、Ensemble Salicusのデビューコンサートが10月18日に予定されています。

詳細はこちら↓

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

【最新動画配信!】

第2回定期演奏会より、Heinrich Schütz “Musikalische Exequien” op. 7 III. Canticum Simeonisを公開中です!


――・――・――・――・――

【メールマガジン配信中】 サリクスの最新情報をお知らせしております! 登録はホーム画面右上のフォームからお願いいたします。 (スマートフォンの方はブログ更新のお知らせの下にあります)

http://www.salicuskammerchor.com/

――・――・――・――・――

【主宰の櫻井元希のウェブサイトはコチラ↓】

http://genkisakurai.com/

#カンタータ #バッハ #バッハの様式 #バッハの技法

0回の閲覧

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now