第49回 ミサ《ロム・アルメ》〜種々の作曲家による〜(その1)


 今回は12月19日のEnsemble Salicusの演奏会に関する記事です。

 その1としました今回は、この演奏会の選曲コンセプトと、前半プログラムの解説をいたします。


 Ensemble Salicus第2回となるこの度の演奏会では、15世紀から16世紀にかけて大変人気を博した、 “L’homme armé”(武装した人)という歌をもとにしたミサ曲を演奏いたします。


 “L’homme armé”の旋律がどのような由来を持った旋律であるかは謎に包まれています。その歌詞全体が書かれたものはナポリの写本に掲載された作者不詳のミサ曲のテノール声部に残されているだけで、旋律も歌詞も、誰がなんのために作ったのかわかっていません。ABAという単純な構造の旋律ながら、音域が広く変化に富んでいる上、印象的な4度、5度の跳躍を持ち、定旋律として魅力的だったのでしょう。“L’homme armé”を定旋律としたミサ曲は15世紀から16世紀にかけて40曲以上も作曲されました。


 多くの作曲家がこの同じ旋律に取り組んだことで、いかに他の作曲家のものと違う個性的な作品を作るか、ということを当時の作曲家たちは考えたのでしょう。作曲技法への挑戦といった風情の作品が多いように感じます。その中でも面白いのは、ジョスカン・デ・プレのミサ《ロム・アルメ》〜種々の音高による〜です。この作品は、その副題の通り、キリエはドから、グロリアはレから、クレドはミからというように、同じ旋律を開始音を変えて作曲した大変意欲的な作品です。


 今回の演奏会は、このミサ曲の副題にヒントを得て、ミサ《ロム・アルメ》〜種々の作曲家による〜というタイトルを付けました。

キリエはヨハネス・レジス(ca.1430-ca.1485)

グロリアはアントワーヌ・ビュノワ(ca.1430-1492)

クレドはギョーム・デュファイ(1397-1474)

サンクトゥスはジョスカン・デ・プレ(1450/1455-1521)