players

金成佳枝

岩手大学教育学部、東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程声楽科修了。同声会賞受賞。ドイツ国立マンハイム音楽舞台芸術大学及びシュトゥットガルトにて学ぶ。第27回国際古楽コンクール(山梨)、日本ドイツリートコンクール入選、2019年チェコ音楽コンクール第2位。メサイアフェスティバルクワイア、横浜シティ合唱団、コーロ・ヌオーヴォの指揮指導に携わる。二児の母として七転八倒中。

Soprano

鏑木綾

東京生まれ東京育ち。幼少期から歌うことが好きで、10歳の時に小学校の聖歌隊に入り、賛美歌やハンドベルを通してキリスト教音楽に親しむ。国立音楽大学附属高等学校音楽科へ進学。同時期に中世音楽合唱団に入り、グレゴリオ聖歌やルネサンス音楽を歌う楽しみを知る。その後、国立音楽大学声楽科を卒業、東京藝術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程修了。好物はきゅうり。

IMG_0323-.jpg

中須美喜

宮崎県都城市出身。大分県立芸術文化短期大学、東京藝術大学卒業。藝大卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。第19回東京音楽コンクール入選。《愛の妙薬》アディーナ《ゴイェスカス》ロサリオ(日本初演)等を演じる。クラシックだけにとどまらず様々なジャンルの音楽を日本全国のファンに届けている。生配信アプリ17にてライバーとしても活躍。「みきみきそぷらの」で検索!

unnamed.jpeg

相澤紀恵

東京藝術大学楽理科中退。同大バッハカンタータクラブ在籍中にソリストを務める。声楽を櫻井元希に師事。花井哲郎古楽道場、小林道夫アカデミー、野々下由香里氏の副科バロック声楽を受講したほか、濱田芳通氏にツィンクを師事。現在は児童福祉のパート職員をしつつバンド活動も行っている。宮城県出身。五人兄弟の長子。

Alto

image0.jpeg

上村誠一

国立音楽大学音楽学部演奏・創作学科声楽専修卒業。現在、国立音楽大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻歌曲コース2年に在学。これまでに声楽を紅林美枝、久保田真澄、上杉清仁、澤畑恵美の各氏に師事。
第75回全日本学生音楽コンクール全国大会声楽部門大学の部第1位。2019・20年度明治安田クオリティオブライフ文化財団音楽学生奨学金、2020年度国立音楽大学同調会奨学金を授与。4人男兄弟の長子。

S__47562783.jpg

富本泰成

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。

世界で通用するトップレベルのアンサンブル歌手になるべく、大学卒業後、様々な発声メソッドとアカペラのためのイントネーション理論を学ぶ。

ヨーロッパを中心とした数多くの国際合唱コンクールや合唱フェスティバルに参加した経験から、日本でも高いレベルのアンサンブル団体を作りたいと「Vocal Ensemble 歌譜喜」「八重桜」「emulsion」の3つの団体を主宰する。主宰団体以外でも様々なジャンルでアンサンブル歌手として活動している。

DSC00287.jpg

金沢青児

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、大学院音楽研究科修士課程修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。サントリー芸術財団サマーフェスティバル2015にてシュトックハウゼン《シュティムング》を演奏。2017年藝大フィルハーモニア管弦楽団合唱定期演奏会にてバッハ《ミサ曲ロ短調》のソリストを務める。2018年には《カンティクル》全5曲を含むオール・ブリテン・プログラムによる自身初のリサイタルを開催。古楽から現代音楽まで幅広い活動を行っている。

Tenor

DSC06382.JPG

佐藤拓

早稲田大学第一文学部卒業。在学中はグリークラブ学生指揮者を務める。卒業後イタリアに渡りMaria G.Munari女史のもとで声楽を学ぶ。

World Youth Choir元日本代表。アンサンブル歌手、合唱指揮者として活動しながら、日本や世界の民謡・民俗歌唱の実践と研究にも取り組んでいる。Vocal ensemble 歌譜喜、The Cygnus Vocal Octet 、Salicus Kammerchor、Japan Chamber Choir等のメンバー。東京稲門グリークラブ、日本ラトビア音楽協会合唱団「ガイスマ」、合唱団Baltu等の指揮者。常民一座ビッキンダーズ座長、特殊発声合唱団コエダイr.合唱団(Tenores de Tokyo)トレーナー。

公式ウェブサイト https://contakus.com/

IMG_1011.jpeg

渡辺研一郎

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。東京藝術大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了。グレゴリオ聖歌の初期の記譜法である「譜線無しネウマ」に関する研究論文により修士号取得。これまでにピアノ、クラヴィコード、中世・ルネサンス期の教会音楽等を学ぶ。

アルベルネ・ユーゲントコール、立教トリニティコール、行徳混声合唱団、混声合唱団「水曜会」、等のピアニスト。ヴォーカル・アンサンブル カペラ、emulsion、vocalconsort initium、企(とも)、等のメンバー。フォンス・フローリス古楽院講師。日本グレゴリオ聖歌学会会員。

KOTO.jpg

小藤洋平

国立音楽大学声楽科卒業。尚美ディプロマコース及びハンブルク音楽院修了。声楽を鈴木惇弘、竹内則雄、K.ショホの各氏に師事。第12回友愛ドイツ歌曲コンクール入選。
バッハ、ヘンデル等の受難曲やオラトリオのソリストを多く務め、またアンサンブルにおいてもコーロ・リベロ・クラシコ、カルテット・プロヴィゾワール、HFJキャノンズ・コンサート室内合唱団といった団体のメンバーとして、様々な演奏会に出演している。

Bass

S__7004217.jpg

鳳城昊

25歳(サリクスの最年少メンバー)

東京芸術大学 声楽卒

合唱やアンサンブルを専門とするバスバリトン

Vocal Ensemble feu 所属 ヴォーカルアンサンブル カッコカリ 主宰

好きな服だったらワンピースだって着る

twitter:@55yutakaYutaka

image1 (1).jpeg

松井永太郎

東京藝術大学声楽科卒業。在学中バッハカンタータクラブに所属。第30回市川市新人コンクールにて最優秀賞受賞。二期会『ダナエの愛』(4人の衛兵&4人の王)『ナクソス島のアリアドネ』(ドゥルファルディン)『ばらの騎士』(公証人)『サロメ』(ユダヤ人5)等に出演。ZOZOマリンスタジアムにて国歌独唱。Vox Humana、vocal ensemble歌譜喜、emulsion、新全日本都道府県歌再興委員会などに所属。二期会会員。フェリス女学院大学非常勤副手。

Violin

image0.jpeg

丸山韶

京都市立芸術大学を首席で卒業。京都市長賞、京都音楽協会賞受賞。東京藝術大学別科古楽科修了。NHK「ららら♪クラシック」、「リサイタル・パッシオ」にソロ出演。バッハ・コレギウム・ジャパン メンバー。古楽アンサンブル コントラポント コンサートマスター。古楽オーケストラ La Musica Collana ディレクター、ソロ・コンサートマスター。ソロCD「Con affetto」、「FRENESIA」をリリース。

Violin

image_6483441.JPG

廣海史帆

東京藝術大学を経て、同大学大学院を修了。第22回古楽コンクール〈山梨〉最高位、併せて栃木・蔵の街音楽祭賞を受賞。2007、08年、パリ・シャンゼリゼ管弦楽団より奨学金を受け、サント・ヨーロッパ音楽アカデミーに参加。NHK-FM「名曲リサイタル」、旧奏楽堂デビューコンサート等に出演。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、横浜シンフォニエッタ等の公演・録音に多数参加している。

Organo

IMG_0453.JPG

新妻由加

東京都出身。東京藝術大学オルガン科、同大学院修士課程を経てスイスのバーゼル市立音楽院古楽科スコラ・カントルムにて歴史的奏法を学び、オルガン、通奏低音共に最優秀成績をおさめ修了。

2018年より東京を中心に各地にて演奏・指導を行う他、通奏低音奏者として合唱団や古楽器奏者との共演・助演、録音に数多く取り組んでいる。日本聖公会聖マーガレット教会、立教新座中学校・高等学校チャペルオルガニスト。

Violone

IMG_5706のコピー.jpg

角谷朋紀

コントラバスの先祖ヴィオローネという楽器で18世紀以前のクラシック音楽を鮮明に甦らせようと日々奮闘している音楽家。各時代に最もふさわしい楽器や弓を選択し、楽譜には書かれていないことも時代背景や作曲家のスタイルから読み取り演奏に活かしている。ウィーンのコントラバスについて研究し、また20世紀に一度失われたローマのガット弦の伝統的な製法についても研究し、自ら演奏するためのガット弦の復元製作にも取り組んでいる。