players

金成佳枝

岩手大学、東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程声楽科修了。マンハイム舞台芸術大学及びシュトゥットガルトで学ぶ。第26回大曲新人音楽祭コンクール、第28回国際古楽コンクール、第27回日本ドイツ歌曲コンクール入賞、チェコ音楽コンクール2位。モーツァルト記念合唱団、メサイアフェスティバルクワイア、横浜シティ合唱団、コーロヌオーヴォ等指導者。東京藝術大学バッハカンタータクラブOG。

Soprano

鏑木綾

 国立音楽大学声楽科卒業、東京藝術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程修了。声楽を稲森雅子、益田道昭、佐竹由美の各氏に、バロック声楽を鈴木美登里、野々下由香里の各氏に、ルネサンス・ポリフォニーやグレゴリオ聖歌の演奏法を花井哲郎氏に師事。

 ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント、コーロ・リベロ・クラシコ、ハルモニア・アンサンブルの公演や収録に参加。ヴォーカルコンソート イニツィウム、ベアータ・ムジカ・トキエンシス、ラウデージ東京に所属。カルテット・プロヴィゾワール主宰。

中須美喜

宮崎県都城市出身。大分県立芸術文化短期大学、東京藝術大学卒業。藝大卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。声楽アンサンブルグループ「文代 fu-mi-yo」メンバーとしても活動している。ア・カペラユニット「Rouge」のメンバーとしてクラシックにとどまらず様々なジャンルの音楽を届けている。生配信アプリ「イチナナ」認証ライバー。【みきみきそぷらの】で検索してね。

岩渕絵里

岩手大学教育学部芸術文化課程音楽コース卒業後、東京藝術大学音楽学部声楽科に進学。声楽を佐々木正利、永井和子の両氏に師事。

ヘンデル「メサイア」、ペルゴレージ「スターバトマーテル」等のソロを務める。また、Salicus Kammerchor、harmonia ensemble等でアンサンブルの活動も精力的に行なっている。

Alto

富本泰成

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
世界で通用するトップレベルのアンサンブル歌手になるべく、大学を卒業してからは様々な発声メソッドとアカペラのためのイントネーション理論を学ぶ。
ヨーロッパを中心とした数多くの国際合唱コンクールや合唱フェスティバルへ参加した経験から、日本でも高いレベルのアンサンブル団体を作りたいと「Vocal Ensemble 歌譜喜」「八重桜」「emulsion」の3つの団体を主宰する。
主宰団体以外でも様々なジャンルでアンサンブル歌手として活動している。

前島眞奈美

長野県小諸高等学校 音楽科を経て
東京藝術大学を卒業。「フィガロの結婚」にて花娘役、「ヘンゼルとグレーテル」にて魔女役、オペラ「アマールと夜の訪問者」にて母親役を演じる。ヘンデル«メサイア»、J.S.バッハ«ロ短調ミサ»、W.A.モーツァルト«戴冠ミサ»、W.A.モーツァルト«レクイエム»、L.Vベートーベン« 第九»等のアルトソリストを務める。

声楽を、牧野真由美、中島郁子、多田羅迪夫の各氏に師事。2013年度ヤマハ音楽支援奨学生。Salicus Kammerchorメンバー。東京混声合唱団レジデントメンバー。

金沢青児

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、大学院音楽研究科修士課程修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。2017年藝大フィル合唱定期演奏会にてバッハ《ミサ曲ロ短調》のソリストを務める。

2018年には《カンティクル》全曲を含むオール・ブリテン・プログラムによる初のリサイタルを開催。

また古楽アンサンブル コントラポント、ヴォクスマーナの定期演奏会へ参加するなど、古楽から現代音楽まで幅広い活動を行っている。

​佐藤拓

早稲田大学第一文学部卒業。在学中はグリークラブ学生指揮者を務める。卒業後イタリアに渡りMaria G.Munari女史のもとで声楽を学ぶ。
World Youth Choir元日本代表。アンサンブル歌手、合唱指揮者として活動しながら、日本や世界の民謡・民俗歌唱の実践と研究にも取り組んでいる。Vocal ensemble 歌譜喜、The Cygnus Vocal Octet 、Salicus Kammerchor、Japan Chamber Choir等のメンバー。東京稲門グリークラブ、日本ラトビア音楽協会合唱団「ガイスマ」、合唱団Baltu等の指揮者。常民一座ビッキンダーズ座長、特殊発声合唱団コエダイr.合唱団(Tenores de Tokyo)トレーナー。
公式ウェブサイト https://contakus.com/

柳嶋耕太

ドイツ・ザール音楽大学指揮科卒業。在学中、ドイツ音楽評議会・指揮者フォーラム研究員に選出、同時にCarus出版より"Bach
vocal"賞を授与される。以来、ベルリン放送合唱団をはじめとするドイツ国内各地の著名合唱団を指揮した。2017年秋に完全帰国。vocalconsort
initium、室内合唱団vox alius、横浜合唱協会、Chor
OBANDESをはじめとする多数の合唱団で常任指揮・音楽監督を務める。合唱指揮をゲオルク・グリュン、指揮を上岡敏之の各氏に師事。

Tenor

井上優

桐光学園中・高卒
東京藝大声楽科卒
日本リボン刺しゅう協会協会管理本部
(株)CY-Art音楽・映像ディレクター
その見た目からよくテノール歌手と間違われるがオペラや歌曲、合唱やアンサンブルなど幅広く歌うバスバリトン。
現在はソロ活動他、Chor OBANDESやVocal Ensemble feuなどで歌いながら
合唱や発声の指導を行う。
また、(株)CY-Artにて音楽・映像ディレクターとして様々な音楽家の演奏動画作成を手掛けたりと若い音楽家の応援に取り組む。

小藤洋平

国立音楽大学声楽科卒業。尚美ディプロマコース及びハンブルク音楽院修了。鈴木惇弘、竹内則雄、K.ショホの各氏に師事。第12回友愛ドイツ歌曲コンクール入選。バッハ、ヘンデル等の作品のソリストを多く務めるとともに、コーロ・リベロ・クラシコ、アンサンブル・ミリム、カルテット・プロヴィゾワール、HFJキャノンズ・コンサート室内合唱団といった団体のメンバーとして多くのコンサートに出演している。

渡辺研一郎

早稲田大学政治経済学部卒。東京藝術大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了。「譜線無しネウマ」に関する研究論文により修士号(音楽)を取得。

ピアノを小倉郁子、林苑子、E.D.ヴァイスハールら、クラヴィコードを高橋尚子、中世・ルネサンス期の教会音楽の演奏法を花井哲郎、声楽を花井尚美の各氏に師事。

アルベルネ・ユーゲントコール、立教トリニティコール、行徳混声合唱団、の常任ピアニスト。ヴォーカル・アンサンブル カペラ、emulsion、企(とも)、等のメンバー。フォンス・フローリス古楽院講師。

Bass

Tromba

宮田響

10歳より古楽器、トランペット家の父の手ほどきを受け、トランペットを習う。
東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校卒業。フランスへの留学を経て、上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コース卒業。尚美ミュージックカレッジ専門学校 コンセルヴァトアールディプロマ科卒業。
高校時代、故 平山郁夫氏の主導で行われたユネスコ平和祈念コンサート/パリ のオーケストラメンバーとして出演。第8回横浜国際音楽コンクール 管楽器部門 大学の部 第4位。第4回音楽大学フェスティバル・オーケストラ演奏会出演。

Flauto traverso

佐々木華

東京藝術大学音楽学部器楽科フルート専攻卒業。フルートを菅原潤、菅原寿恵、神田寛明、高木綾子、竹澤栄祐の各氏に、フラウト・トラヴェルソを前田りり子に師事。全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部奨励賞、高校の部入選。日本フルートコンヴェンション 2013 アンサンブル部門第3位。国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門入選。他多数入賞。国内外でのオーケストラへの客演や、ソロ演奏、室内楽等幅広く演奏家として活動の場を広げているほか、フルート講師としても活動している。

譜久島彰

茨城県出身。6年間の三育教育の後、東京藝術大学古楽科に進学、現在4年次在学。国内の古楽オーケストラや室内楽に多数参加の他、新曲作品の演奏や合唱指揮、小中学校向けリコーダー教材の作成やアウトリーチなど幅広い活動をしている。これまでにリコーダーを山岡重治、向江昭雅の各氏に師事。古楽アンサンブル『バロックの趣』主宰。SDA東京中央教会聖歌隊指揮者。

Flauto dolce

Oboe

小花恭佳

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学を経て、同大学院修士課程を修了。
第30回国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門入選。
在京オーケストラへの客演の他、バッハ・コレギウム・ジャパンなど古楽団体の公演にも参加し、モダン楽器、ピリオド楽器を問わず活動している。
これまでにモダンオーボエを田渕哲也、小畑善昭、和久井仁各氏に師事。バロックオーボエを三宮正満氏に師事。

中村恵美佳

16歳よりオーボエを始め、洗足学園音楽大学を卒業。第23回日本クラシック音楽コンクール第4位、第8回横浜国際コンクール管楽器部門大学の部第3位入選。 これまでにオーボエを池田裕子、山口卓郎、加瀬孝宏各氏に師事。室内楽を辻功、菅井春恵、加藤明久各氏に師事。バロックオーボエを三宮正満氏に師事。

Violino

丸山韶

京都市立芸術大学を首席で卒業。京都市長賞、京都音楽協会賞受賞。東京藝術大学別科古楽科修了。NHK「ららら♪クラシック」、「リサイタル・パッシオ」に出演。バッハ・コレギウム・ジャパン メンバー。古楽アンサンブル コントラポント コンサートマスター。古楽オーケストラ La Musica Collana 主宰。Trio Aceメンバー。ソロCD「Con affetto」、「FRENESIA」をリリース。

Oboe

Violino

山本佳輝

兵庫県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。東京芸術大学を経て、現在同大学院修士課程に在籍中。大学内にて福島賞、アカンサス音楽賞受賞。読売新人演奏会、プロジェクトQに出演。
第65回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学生の部第1位。第8回横浜国際音楽コンクール高校の部第1位。
新日本フィル、藝大フィルとソリストとして共演。また国内オーケストラに首席・次席奏者として客演。これまでに原田幸一郎、漆原朝子、篠崎史紀、戸田薫の各氏に師事。

Viola

佐々木梨花

桐朋女子高等学校音楽科経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。 ヴァイオリンをHenrich Tatar、勅使河原真実、辰巳明子、豊田弓乃各氏に、バロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事。室内楽を 豊田弓乃、藤原浜雄、毛利伯郎、白尾彰、篠﨑史子、藤井一興、堤剛の各氏に師事。古楽オーケストラ《La Musica Collana》として公演、TV収録に参加。現在、東京藝術大学大学院修士課程(バロックヴァイオリン)に在籍中。

島根朋史

チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者

 

ヒストリカルと現代のチェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバを操る三刀流奏者、音楽博士。東京藝術大学で博士号(音楽・チェロ)取得。同声会賞、大学院アカンサス賞受賞。パリ・サティ音楽院修了。パリ・スービズ邸、東京文化会館でリサイタル開催。NHK「ららら♪クラシック」にて古楽演奏と解説を務めた。古楽オーケストラLa Musica Collanaサブディレクター/首席奏者。日本弦楽指導者協会 正会員。ソロCD「Les Monologues」は5誌が推薦盤に選出。

Cello

Violone

諸岡典経

国立音楽大学卒業。オーケストラ、室内楽等で活躍する傍ら古楽器により数多くの演奏会や音楽祭、レコーディング等に参加。オーケストラ・シンポシオン、HFJキャノンズ・コンサート管弦楽団、東京バロック・プレイヤーズ、ラ・ムジカ・コッラーナメンバー。同時にジャズ、ラテン音楽等ジャンルを超えて活動中。MOGメンバー。青梅リコーダーオーケストラ指揮者。人形劇場「徹子のお家」主催のオンライン朗読コンテストにて2位特別賞受賞。

新妻由加

1986年東京都出身。東京藝術大学オルガン科卒業、同大学院修士課程およびスイスのバーゼル市立音楽院古楽科スコラ・カントルム修了。同市の若手音楽家奨励の為の H. バルマー賞をオルガン部門で2015年と2017年に受賞。

現在東京を中心に各地にて演奏活動・指導を行う他、通奏低音奏者として合唱団や古楽器奏者との共演・助演、録音にも数多く取り組んでいる。日本聖公会聖マーガレット教会オルガニスト。

Organo

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now