第50回 ミサ《ロム・アルメ》〜種々の作曲家による〜(その2)

12月19日のEnsemble Salicus第2回演奏会のプログラム解説その2です。

今回は後半プログラムを解説します。


その1はこちら→https://00m.in/OcZIP




サンクトゥス:ジョスカン・デ・プレ(1450/1455-1521)

ミサ《ロム・アルメ》~種々の音高による~

Sanctus : Josquin des Prez

Missa “L’homme armé”


 ジョスカンは言わずと知れた15-16世紀最大の作曲家。ジョスカンは“L’homme armé”の旋律を使ったミサ曲を2曲(「種々の音高による」と「第6旋法」)残していますが、この2曲はともに、1504年に出版された史上2つ目の印刷楽譜である「ジョスカン・デ・プレ ミサ曲集」に含まれています。この曲集にはジョスカンのミサ曲が5曲収められていますが、その最初に収められたのが「種々の音高による」であり、最後に収められたのが「第6旋法」です。この2曲がジョスカンのミサの中でもいかに重要な位置を占めていたかがこのことによってうかがい知れます。