top of page

J. S. バッハ 名言・迷言集


コラム

J. S. バッハ 名言・迷言集(この記事)

J. S. バッハ 珍プレー・好プレー

クワイヤブックができるまで

音楽・芸術にまつわる名言集

 

 前回までのブログで、音律について4回にわたったシリーズが完結しました。

 今までサリクスのコンセプトというカテゴリーで、

バッハのバックグラウンドについて 

第1回 バッハはいかにしてバッハとなったか

第2回 バッハの作曲した曲種、様式、技法

グレゴリオ聖歌→フランドルのポリフォニー→バッハの流れについて

第3回 ネウマとは

第4回 グレゴリオ聖歌からポリフォニーへ

第5回 フランドルのポリフォニーからJ. S. バッハへ

音律について

第6回 歌い手にとっての音律(その1)(ピタゴラス音律)

第7回 歌い手にとっての音律(その2)(ミーントーン)

第8回 歌い手にとっての音律(その3)(ヤング第2調律法)

第9回 歌い手にとっての音律(その4)(純正調)

と、3つの話題についてお話ししていきました。

 真面目な話題がずいぶん続いたので、ここらでちょっと軽い話題を挟もうと思います。

 ときどきこのような形で、コラムを挟んでいこうと思いますので、ぜひ気軽に読んでください。

この度はJ. S. バッハ 名言・迷言集と題しまして、私の独断と偏見によって、バッハの言ったとされる言葉を(ほとんどは手紙からですが)いくつか紹介していこうと思います。

(原文中の――は中略を示します)

――・――・――・――

その1

天候が良くて、葬式収入が少ないんです!

原文

私の現在の地位はかれこれ700ターラーの収入になります。そして例年よりも葬式の数の多い時には、そのぶんだけ臨時収入も増加いたしますが、健康によい好天に恵まれたりいたしますと、反対にこの種の収入は減少いたすわけで、実際、昨年などは例年の葬式収入を100ターラー以上も下まわる有様でした。

ゲオルグ・エールトマン宛ての就職依頼の手紙

 バッハは非常に子だくさんで、生まれた子は20人、そのうち成人した子どもが10人いたそうです。この大家族を養うために、家長として頻繁に当局に対して賃上げ要求、あるいはもっと身入りのいい就職先への転職活動をしていました。またとても倹約家であったことも他の資料からはうかがい知れ、そういった意味では現実的な人柄であったことがわかります。

――・――・――・――

その2

出来そこないの息子を、あなたの教会へ推薦してごめんなさい!

行方知れずのあの子を探してください!

そしてクビだけはご勘弁を!

原文

私が閣下のよりかずかずのご好意をたまわるという名誉に浴しました昨年以来、息子(遺憾ながら出来損ないの)には一目も会っておりません。――あの子はまたしてもあちこちで借金を重ね、生活態度を少しも改めないのみか、行方までくらました。――閣下には――あの子の現在の居所をつきとめ、あれがこの先どうするつもりなのか、つまり、いまの地位にとどまって行状を改めるのか、それとも自分の運命をどこかほかに求