第37回 特殊ネウマについて


Ensemble Salicus

(櫻井元希・佐藤拓・谷本喜基・富本泰成・渡辺研一郎)

Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル。グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。特に特殊ネウマ(装飾ネウマ)と呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法については、微分音にも着目し、グレゴリオ聖歌における装飾的な演奏法を追求している。

 このプロフィールの後半部分、かなり説明を必要とする内容かと思います。今回の記事では、この特殊ネウマについてお話させていただこうと思います。

特殊ネウマとは

私たちがグレゴリオ聖歌の歌い方の手がかりとしている古ネウマ(以下ネウマといいます)は、簡単に分類して、①単純ネウマ、②複合ネウマ、③特殊ネウマがあります(他に④融化ネウマという分類もありますが今回は取り上げません)。

①単純ネウマ

 単純ネウマとは、ネウマの中でも基本となるネウマで、1音から3音(4音以上のことも)の音のグループからなります。以下がこれにあたります。(わかりやすいように、ネウマとそれに対応する四角譜を併記しています)

 これらは音のまとまりを表しているだけでなく、視覚的に、長さ・音の流れ・音と音どうしの緊張弛緩関係も表していると考えられます。