第52回 教会カンタータに綴られた物語2


教会カンタータに流れるおおまかな筋をご紹介するシリーズ2回目です。


初回はこちら


カンタータ公演情報はこちら


2回目はBWV103のテキストについてです。

カンタータ第103番「あなた方は泣き喚くだろう」 BWV 103

Kantate Nr. 103 „Ihr werdet weinen und heulen” BWV 103


J. S. バッハがライプツィヒ着任2年目の1725年に作曲した作品。復活節第3日曜日のために作曲されたもので、この日読まれる福音書章句の内容は、イエスが弟子たちに語った「悲しみが喜びに変わる」というもので、「受難」という悲しみを通して「救い」に預かれるのだということを、出産の苦しみとも対照させながら説いたものです。


このカンタータは6楽章構成です。冒頭合唱では悲しみが喜びに変わるというテーマを提示し、続く2・3楽章(レチタティーヴォとアリア)は悲しみを、4・5楽章(レチタティーヴォとアリア)はそれが喜びに変わる様子を描写します。終曲コラールでは受難に思いを馳せながらも、束の間の苦しみが喜びへと、永遠の幸福へ変わるだろうと締めくくります。