第53回 教会カンタータに綴られた物語3


これまでの記事

第51回 教会カンタータに綴られた物語1

第52回 教会カンタータに綴られた物語2

カンタータ公演情報はこちら

3回目となる今回はBWV78のテキストについてです。


カンタータ第78番「イエス、あなたは私の魂を」 BWV 78

Kantate Nr. 78 „Jesu, der du meine Seele” BWV 78


J. S. バッハのカンタータの中でも最も有名な作品の一つです。

この日読まれた福音書の内容は、病人をイエスが奇跡によって癒やすという部分で、これをカンタータでは発展的に解釈し、人間が生まれながらに持っている罪の赦しについて説いていきます。


このカンタータは典型的なコラールカンタータで、冒頭合唱と終曲がコラールのそのままの引用、中間楽章はコラールの内容を説明するような内容になっています。


冒頭合唱はコラールの第1節、罪の赦しがイエスの酷い死によってもたらされたということに想いを馳せる沈痛な曲調です。

第2曲はソプラノとアルトの二重唱で、病める人、また迷う人を助けるイエスのもとへ、急いで