第7回 歌い手にとっての音律(その2)「ミーントーン」