プログラムの一部を公開

この団体は、東京芸術大学バッハカンタータクラブのメンバーを中心に結成されました。団体のコンセプトは「J.S.バッハをJ.S.バッハたらしめたものは何なのか」ということです。いかにしてこの世界最高の作曲家がその個性的な音楽世界を確立していったのかということを、過去に遡れるだけ遡って味わっていこうと考えています。 そこでSalicus Kammerchorでは、ヨーロッパ・キリスト教音楽の源泉であるグレゴリオ聖歌をとりあげます。それが時代を経ていかにバッハの音楽の中に現れているのかということを、真面目に演奏に取り入れた演奏団体は今までなかったように思われます。これがこの団体の一番のアイデンティティです。  グレゴリオ聖歌がネウマによって初めて記譜された10世紀頃から、バッハの活動した18世紀まで、約800年の隔たりがある中で、どれだけこの試みに意味があるか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。そこで、グレゴリオ聖歌を歌う上で重要となる3つの要素から、それがバッハの音楽の中に生きていると考える根拠を示したいと思います。 3つの要素とは、「歌詞」「旋法」「ネウマ」です。 1つ目の「歌詞」についてはほとんど言うまでもないでしょう。聖書の解釈は宗派や時代によって微妙に変化しても、テキストが不変ですから、各人の心の奥底に流れる信仰心は、元をたどればただひとつの源流にたどり着くと考えられます。  2つ目の要素、「旋法」は教会旋法とも呼ばれるもので、聖歌をまとめる際、旋律の傾向などから8つの旋律体系に分類したものです。バッハの時代にはこの旋法に変わって調性という概念が支配的になってきていますが

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now