デビューコンサートの選曲に関して

Singet dem Herrn ein (altes und) neues Lied! グレゴリオ聖歌が映し出す新たなバッハ像 Salicus Kammerchorデビューコンサートの選曲についてその趣旨をお話しさせて頂きたいと思います。  団体プロフィールにもあげましたように、J.S.バッハをJ.S.バッハたらしめたものは何なのか、というのがこの団体のテーマですので、プログラムのメインとして取り上げるのはJ.S.バッハの作品です。今回メインプログラムと致しましたのは、バッハのモテットSinget dem Herrn ein neues Lied BWV 225。このモテットは、3つの異なる詩篇と作者不詳の自由詩をテキストとした作品で、二つ目の詩篇はJ.Gramannによってコラールとして作詩されました。 このSinget dem Herrn ein neues Lied BWV 225に含まれる三つの詩篇が、バッハ以前にどのように作曲されてきたかを辿るのが今回のプログラムのコンセプトです。それぞれの詩編について、グレゴリオ聖歌、ラテン語によるモテット、ドイツ語によるモテットという順で演奏します。 一つ目の詩篇は第149篇、バッハのモテットのタイトルでもある「主に向かいて新しき歌を歌え」です。ラテン語ではCantate domino canticum novumとなります。プログラムの最初はこのラテン語テキストによる3曲です。①グレゴリオ聖歌の入祭唱、②W.Byrdによる5声のモテット、③D.Buxtehudeによる、通奏低音付きのソロによる3重唱です。盛期ルネサンスの重

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now