第4回 1つの母音で歌えるようになろう〜レガートについて〜

「ネウマ的に歌うための発声エッセンス」第4回です。 今回のタイトルは「1つの母音で歌えるようになろう~レガートについて~」です。 第1回から申し上げておりますが、ネウマ的に歌うということは複数の音をグルーピングしていくということであり、複数の音をグルーピングするためにはまずはレガートに歌えなければ話になりません。 声楽では、1つの音節で長いフレーズを「あ~」とか「え~」とか歌うようなことがありまして、それをメリスマとかアジリタとか呼んでいます。 特に古い音楽ではこのメリスマがたくさん出てきますが、これをできるだけ滑らかに歌おう、というのがサリクスの一つの特徴と思っています。 バロック音楽の演奏団体で特に多くみられるのは、メリスマを器楽的?に1つ1つ細かく歌うようなアプローチですが、サリクスでは、バロックよりも古い時代の音楽であるグレゴリオ聖歌の演奏法(古ネウマをもとにした歌い方)からバッハの音楽に働きかけていくため、1つ1つの音をマシンガンのように演奏するということはありえないことです。 メリスマをレガートに歌うということに対して、リハーサルの中でもかなりこだわっています。 今回は1つの母音でフレーズを歌う、つまり、この「メリスマ」についての記事になります。 今までご紹介した「タングトリル」「呼吸」「共鳴(発音)」が全て登場する上に、その他の新しい情報が登場する盛りだくさんな回になりますので、心してお読みください。 ・レガートを作るためには… レガートを作るために重要になってくるのは 安定した声帯振動 安定した共鳴腔 の2つです。 これら二つの要素について説明します。 ①安定し

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now