Ensemble Salicus第2回演奏会|終演

去る12月19日、Ensemble Salicusの演奏会が終演いたしました。 ご来場くださいました皆様、お寒い中本当にありがとうございました。 ミサ《ロム・アルメ》は40曲以上も作られているだけあって、作曲家たちの実験場、あるいは腕試しの場になっていたようで、非常に挑戦的で難易度の高い作品が多いです。 今回はその中でもとりわけ内容の充実した楽章を各作曲家から集めましたので、まさにメインディッシュ5品盛りの様相を呈しており、非常にやりがいがありました。 アンコールで演奏した作品について、少し説明不足だったように思いますので、この場を借りまして説明させていただきたいと思います。 今回のミサ《ロム・アルメ》の原曲である“L’homme armé”は、(旋律と歌詞が)完全な形ではたった一つの写本にしか残されていません(上図)。それが通称ナポリ写本と呼ばれる写本なのですが、“L’homme armé”が完全に残されているという歴史的重要性もさることながら、そこに収録されたミサ《ロム・アルメ》が非常に興味深い6曲一組のセットになっているのです。 1曲目から5曲目ではロム・アルメの旋律を5つに分解し、それぞれをカノンの技法によって様々に展開していきます。そして6曲目で初めてロム・アルメの旋律全体が使われます。壮大ななぞかけからの種明かしのようですが、ミサを6回やらないと種明かしされないので、これがどういう機会に演奏されたのか、あるいはされなかったのか、大変興味深いところです。 この日に演奏したアンコールは、この6曲一組のミサ《ロム・アルメ》のうち、1曲目のものからサンクトゥスを取り上げまし

ミサ《ロム・アルメ》〜種々の作曲家による〜(その2)

12月19日のEnsemble Salicus第2回演奏会のプログラム解説その2です。 今回は後半プログラムを解説します。 その1はこちら→https://00m.in/OcZIP サンクトゥス:ジョスカン・デ・プレ(1450/1455-1521) ミサ《ロム・アルメ》~種々の音高による~ Sanctus : Josquin des Prez Missa “L’homme armé” ジョスカンは言わずと知れた15-16世紀最大の作曲家。ジョスカンは“L’homme armé”の旋律を使ったミサ曲を2曲(「種々の音高による」と「第6旋法」)残していますが、この2曲はともに、1504年に出版された史上2つ目の印刷楽譜である「ジョスカン・デ・プレ ミサ曲集」に含まれています。この曲集にはジョスカンのミサ曲が5曲収められていますが、その最初に収められたのが「種々の音高による」であり、最後に収められたのが「第6旋法」です。この2曲がジョスカンのミサの中でもいかに重要な位置を占めていたかがこのことによってうかがい知れます。 「第6旋法」において“L’homme armé”の旋律は定旋律として一つのパートに一貫して用いられるというよりは、全声部に、それも相当変形された形で用いられています。それに対し「種々の音高による」では、テノールに一貫して厳格に定旋律が用いられますが、副題の「種々の音高による」の通り、キリエはドから、グロリアはレから、クレドはミからというように、種々の音高で定旋律が歌われます。 今回演奏するサンクトゥスの後半、ベネディクトゥスの部分ではメンスーラ・カノン( メンスーラと

ミサ《ロム・アルメ》〜種々の作曲家による〜(その1)

今回は12月19日のEnsemble Salicusの演奏会に関する記事です。 その1としました今回は、この演奏会の選曲コンセプトと、前半プログラムの解説をいたします。 Ensemble Salicus第2回となるこの度の演奏会では、15世紀から16世紀にかけて大変人気を博した、 “L’homme armé”(武装した人)という歌をもとにしたミサ曲を演奏いたします。 “L’homme armé”の旋律がどのような由来を持った旋律であるかは謎に包まれています。その歌詞全体が書かれたものはナポリの写本に掲載された作者不詳のミサ曲のテノール声部に残されているだけで、旋律も歌詞も、誰がなんのために作ったのかわかっていません。ABAという単純な構造の旋律ながら、音域が広く変化に富んでいる上、印象的な4度、5度の跳躍を持ち、定旋律として魅力的だったのでしょう。“L’homme armé”を定旋律としたミサ曲は15世紀から16世紀にかけて40曲以上も作曲されました。 多くの作曲家がこの同じ旋律に取り組んだことで、いかに他の作曲家のものと違う個性的な作品を作るか、ということを当時の作曲家たちは考えたのでしょう。作曲技法への挑戦といった風情の作品が多いように感じます。その中でも面白いのは、ジョスカン・デ・プレのミサ《ロム・アルメ》〜種々の音高による〜です。この作品は、その副題の通り、キリエはドから、グロリアはレから、クレドはミからというように、同じ旋律を開始音を変えて作曲した大変意欲的な作品です。 今回の演奏会は、このミサ曲の副題にヒントを得て、ミサ《ロム・アルメ》〜種々の作曲家による〜というタ

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now