第2回 「息の流れをよくしよう」〜呼吸について〜

〜ネウマ的に歌うための発声エッセンス〜第2回です。 前回の「タングトリル」いかがでしたか? 今回は声のもととなる声帯原音を安定して鳴らしていくための「呼吸」についてお話ししていきます。 ・呼吸という運動について 歌を歌うときの呼吸について、世の中でもっとも多く言われていて、主流となっている考え方は「息を吐ききって、お腹を緩めれば息は勝手に入ってくる」というようなものではないでしょうか。 これは確かに正しい部分はあると思いますが、人間の持つポテンシャルを活かしているとは言えないと思います。 それは一体どういうことでしょうか? まずは、呼吸という運動を行う際の身体の動きを「吸気時」「呼気時」の二つに分けて、おおまかに解説していきます。 ・呼吸の際の身体の動きについて ①吸気時に緊張する筋肉 ・横隔膜 ・外肋間筋 横隔膜は胴体の上部にあるドーム型の筋肉で、肋骨の内側でアーチ状に上へ伸びて、胸腔と腹腔の境目となっています。 吸気時には緊張し、ドームの天井が潰れるような感じになり腹部にある内臓を押し下げて、お腹が膨らみます(息がお腹に入るわけではない)。 外肋間筋は肋骨の間にある筋肉で、それぞれの肋骨の間隔を狭くする働きがあります。 これが緊張すると肋骨の間の距離が詰まり、胸郭が持ち上がります。 これらの働きにより、肺のスペースが拡大することで、空気が身体の内側へ入ってきます。 ②呼気時に収縮する筋肉 ・内肋間筋 ・腹壁の筋肉 内肋間筋は外肋間筋と同じく肋骨の間にある筋肉で、外肋間筋とは逆に、それぞれの肋骨の間隔を広くする働きがあります。 これが緊張すると胸郭が下がります。 腹壁の筋肉と

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now