Ensemble Salicusメンバーの声

Ensemble Salicus Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル。グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。特に特殊ネウマ(装飾ネウマ)と呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法については、微分音にも着目し、グレゴリオ聖歌における装飾的な演奏法を追求している。 今回のブログは、10月18日に本番を迎えます、Ensemble Salicusのメンバーからの、演奏会に向けての意気込みを紹介いたします。 櫻井元希 Ensemble SalicusはSalicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブルです。 Salicus Kammerchorはグレゴリオ聖歌の歌唱法をその後の音楽にも活かし、特にJ. S. バッハの声楽曲の演奏をこの観点から見直そうというコンセプトを持っています。 特に10世紀頃に記されたグレゴリオ聖歌の記譜法「古ネウマ」を手がかりにして、演奏法を模索していますが、このグレゴリオ聖歌により特化した団体としてEnsemble Salicusは生まれました。グレゴリオ聖歌そのものを更に研究し、演奏のあり方を考え、豊かな表現方法を探っていくという思いを持っています。 私たちEnsemble Salicusは「清らかで美しいけれど、単調で退屈」というイメージを持たれがちなグレゴリオ聖歌が、実際はいかに豊かで、劇的で、真に心揺さぶる音楽であるかということを社会に対して発信していきたいと考えています。 そのために私たち

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now