第46回「J. S. バッハのモテット」超ざっくり要約

5月の「J. S. バッハのモテット全曲演奏会」に向けて、 ダニエル R. メラメド著 「J. S. バッハとドイツのモテット」 を要約してくメルマガ企画が進行中ですが、そこで毎回行っている「超ざっくり要約」をこちらの記事にまとめることにしました。 メルマガをアップするたびに更新していきますので、チェックしてみてください。 こちらの「超ざっくり要約」は本当にものすごくざっくりとした要約なので、より詳しいものが読みたい場合はサリクス通信にご登録ください。 詳しくはこちらから↓ https://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1 第1回 18世紀前半における「モテット」(1) 「モテット」とは 聖書からの引用や、コラール(ドイツ語による宗教歌)をテキストにしている。 声楽のジャンルであって、器楽の使用は限定的である。ただし通奏低音は除く。 イタリアやフランスではより広い意味で用いられることもある。 第2回 18世紀前半における「モテット」(2) 「モテット」は 曲種(ジャンル)であると同時に、書法(スタイル)である。 ドイツ語による新しいタイプのものを指す場合と、ラテン語による16世紀の古いタイプを指す場合がある。 テキストの明瞭性と主旋律に対する関心の高まりによって、カンタータにその地位を譲り渡すようになっていった。 第3回 J. S. バッハにおける「モテット」 J. S. バッハはモテットという語を 文書の中では 古いラテン語モテット フロリレギウム・ポルテンセに収録されたような作品 として、 2. 音楽資料の中では 一般的に1

Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2015 by Salicus Kammerchor. Proudly created with Wix.com

お問い合わせ:salicus.office@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • Tumblr Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now